複数社からの借り入れの危険性

複数のカードローン利用の危険性

実際、カードローンを利用している人のほとんどが複数の会社から借り入れを行っているというデータがあります。どうしてそうなるのでしょうか。また、そうした場合の危険性はあるのでしょうか。

カードローンで借り入れを行う際、借り入れできる額は年収の3分の1までと定められています。つまり、年収300万円だった場合は、3分の1である100万円までが借り入れ可能となります。しかし実際には、ひとつの会社から100万円借り入れできるケースはほとんどなく、100万円以内で審査を受け、たいていは50万円以下が限度額とされてしまいます。

たとえばA社で50万円の融資が可能になったとして、50万円満額まで借り入れしてしまうと、それ以上の利用は不可能になります。しかし、実際に100万円までは借り入れできるので、B社でさらに20万円、C社でさらに30万円というような借り方ができるのです。1社だけでは借入額が少なくて不安だという人が複数社のカードを作るのです。

では、複数社から借り入れを行った場合はどんなデメリットが考えられるのでしょうか。
それは「返済がおろそかになっていく」ということです。返済日は会社によって異なり、返済方法や返済額も違ってくるので、毎月いくつもの返済日を気にかけておくということは大変なことになります。また、常に返済に追われているような気持ちになり、返済日のことを考えることも気持ちが落ち込んでしまうでしょう。こういった理由から、次第に返済がおろそかになり、延滞を繰り返してしまって返済地獄のような生活になってしまう可能性があるのです。

このような状態に陥らないためにも、できるだけ複数社からの借り入れは避け、返済期間を短く設定することをオススメします。もし複数社から借り入れがあり、毎月の返済が大変だというような場合には、複数社のローンを1社にまとめる「おまとめローン」というものを利用すると返済しやすくなります。金利も把握しやすくなり、返済日が明確になるので計画を立てやすくなります。うまく利用して、できるだけ早めの完済を目指しましょう。


おすすめ!キャッシング会社の決定版!