印紙代は?カードローンの契約方法について

印紙代払うの?カードローンの契約方法を知っておこう

カードローンは身近で手軽になり、契約も短時間で済ませられるようになりましたが、具体的にどんな契約をするのか知っていますか?

カードローンで借り入れを行うというのは金銭消費貸借契約と呼ばれ、借り入れ金額に応じて印紙が必要になるのです。たいていは500円以下の印紙代で済みますが、借り手としてはたとえ小さな金額でも支払いたくないですよね?契約時まで印紙について知らないと、いざ契約・・・といったときに急に請求されることになり、有無を言わさず印紙代を支払わなければならないことになります。

基本的に印紙税は文書についてかかるもので、支払い義務は文書を作成した側にあります。「文書を作成した側」・・・というと貸し手側になるわけですから、借り手側は払わなくてもいいように思いますが、ローン契約に関してはどちらが払ってもいいことになっています。最近は消費者金融会社によって会社が払うところと、借り手が払わなければならないところがあるようです。借り手が支払う場合、契約時に支払ったり、最初の返済時に一緒に請求されたりします。

印紙税は国に納める税金です。納めなければならないものですが、小額でも契約時に突然税金を請求されたとなれば、あまり気分のいいものではありません。払いたくないという人は事前に消費者金融会社に印紙税が必要かどうか確かめておいたほうがいいでしょう。

微々たる金額でも、数万円の借り入れで一週間で返済した場合は利息が100円以下になるはずです。これを考えれば利息代の数百円は支払わないで済ませるに越したことはありません。キャッシングの際に印紙代のような見逃されがちな費用はほかにもあります。ATMを利用して引き出す際の手数料などがそれに当たります。一回一回は小さな金額ですが、積もってくると大きな金額になります。払わないで済むものはいくら小額でもうまく節約するように心がけましょう。


おすすめ!キャッシング会社の決定版!