カード停止で危険回避!適切な借り入れ

カード停止で危険回避!適切な借り入れと返済のために

カードの契約を考えるとき、カードの利用停止を考える人は少ないかもしれません。しかし、カードの停止をうまく利用することで、無駄な借り入れを防ぐことができます。

キャッシングを常用してくると、借り入れすることに抵抗がなくなり、ついつい無駄な借り入れを繰り返してしまいます。そうならないためにも、「カードの停止」という選択を念頭に入れておくといいと思います。

カードを停止するには、残っている返済を済ませなければなりません。現在借り入れがない状態で、しばらくカードを使っていないようなら、カードの停止を考えてもいいでしょう。銀行系、消費者金融系ともに窓口に行けばすぐに停止手続きをすることができます。
もしまだ返済中で、これからの借り入れを停止させたいということなら、住んでいる都道府県の賃金業協会で「貸出自粛登録」を行えば、5年間新規の借り入れが行えなくなるという措置があります。浪費癖が強い、借り入れ依存症になっているような場合は自ら借り入れを停止して危険を回避することが可能です。

この「貸出自粛登録」は、本人だけでなく家族にも行うことができます。たとえば家族の中に借金がやめられない、家族がいくら説得しても言うことを聞かない、といった人がいる場合は、一定の条件を満たす親族であれば貸出自粛登録をすることができるのです。ただ、この手続きは「本人」からの申請が必要になるので、何とかして本人を説得し、納得させることが必要です。手続きをしたら5年間新規の借り入れができなくなることを十分に納得させ、今までの借金生活を反省させることが大切です。


おすすめ!キャッシング会社の決定版!